カテゴリー「にゃんず」の記事

2014年5月29日 (木)

ある宵のできごと。

以下の文章は5/25にfacebookにあげた記事のコピペです。ブログとSNSは別モノなので、使いまわしはすまいと思っていたのですが、最近とみにブログの更新頻度が落ちていることもあり、かと云ってやめるつもりもないので、これはブログに残しておきたいと思うものについてはこちらにもあげることにしたいと思います。

Img_20140524_191309565

あの大津波から生還したにゃんすけが病気で逝ってちょうど一年となる昨夜。プレハブかくれ里の玄関先に、暗くなる前となった後の二回、ネコがきました。はじめのはにゃんすけとよく似た模様の子で、ペタンと尻をつき片脚を上げて下腹を舐める仕草もにゃんすけそっくり。後から来たのは腹が白くて背中が明るい茶色の子だったけど、伸び上がって車のリア廻りの匂いを一生懸命嗅ぐ様子がまあすけみたいで笑ってしまいました。仲間のカラダを借りて会いにきてくれたのかなーなんて。偶然なのはわかってるし、死なれた後でこんなこというのも変だけど、飼い主冥利に尽きます(T-T)

2013年9月 8日 (日)

三ヶ月振りです。

Img_20130908_115635 プレハブかくれ里には郵便受けが置いてあり、いまでもときどき葉書や封書が届きます。

昨年の春からそこに、私とにゃんすけに充てた絵はがきが届くようになりました。折々の季節のこと、テレビや新聞で目にされた南三陸の話題などに触れて、最後には必ず「にゃんすけくん、元気でね」と。

このブログをお読みくださっている方かなーとはじめは思っていたのですが、にゃんすけの死後も葉書は届き、匿名のためお知らせする手段もなく心苦しく思っていたのですが、今回いただいた葉書に南三陸での花火大会に寄せて
「にゃんすけくんみましたか、大きな音はこわくないですか」とあるのを見て、「ああ、にゃんすけはビビるだろうな」と思ったら可笑しくなりました。

この方のなかでは「にゃんすけ」は普通に生きていて、皆が夕飯を食べている手元に顔を近づけてねだったり、鍋をひっくり返して怒られたり、風のとおる場所にべたーっと寝転がって邪魔だったり、花火の音に驚いてテーブルの下に隠れたりしてるんでしょうね。

パラレルワールドじゃないけど、そういう世界がこの方の心のなかにはいまも生き生きと息づいているんだなと思うと、なんとも云えず嬉しく楽しい気持ちになりました。

ありがたいです、本当に。

2013年5月31日 (金)

いろんなことが思い出されます。

先週の今夜がにゃんすけにとって最後の夜でした。

その後、私は連日ぎっちり仕事やら予定やらが詰まっていてゆっくり感傷に浸るいとまもなく。おかげさまで助けられました。
インにコモリやすい性格なので ^^

乳離れもできていないような幼猫の頃、捨てられて餓死寸前の状態でうちに来たにゃんすけ。当時の職場の植え込みの木の枝にすがって啼いてたのを思わず抱き取ったとき、隣りにいたO石さんが
「鈴木さん、抱っこしちゃったね!
こりゃーもう鈴木さんが最後まで面倒見てあげるしかないね!」
なんて嬉しそうな顔して言ってくれたもんだったけど、まさかホントに最後のときまで抱っこしてあげてるなんて思わなかったですよ!
とO石さんに報せてあげたいけど、あの人も津波で亡くなってしまって。

なんて、時間があるとやっぱりいろいろ考えちゃいますね。

100716_162033 写真は津波の前の年の夏、丸まると肥えていた頃のにゃんすけ。
いやホント、デブってたなあ、にゃんすけ‥

2013年5月25日 (土)

にゃんすけ、逝きました。

今朝、2時20分。

猫伝染性腹膜炎を発症してから一ヶ月近く。よく頑張りました。

Dsc_0959 津波から三ヶ月を経てにゃんすけが帰ってきてくれて、わたしたち家族がどれだけ救われたことか。

ありがとう、にゃんすけ。ゆっくり休んで。

2013年5月 7日 (火)

びっくりにゃんすけ。

Dsc_0906_2 先月末に猫伝染性腹膜炎を発症し、まったく食べ物をうけつけず、一時は死線をさまよったにゃんすけ。連日の点滴治療が功を奏したのか、以前のように餌をおねだりするまでに緩解しました。

仔猫のまま捨てられて餓死寸前でうちに来てから11年、あの大津波を生き延びてから2年。強いのか弱いのかよくわからない子ですが、もともとそんなに長くはない一緒にいられる時間、ホント大事にしないと。

にゃんすけだけでなくて、みんなそうなんだけど。

2013年3月24日 (日)

日帰りで行ってきました。

久々にオフのこの週末、まるっと三週間振りに南三陸に戻りました。

Dsc_0747 ↑彼岸明けではありましたが、戸倉慈眼寺にお墓参り。

Dsc_0743 ↑瓦礫処理プラントは今日も一部稼動してました。

Dscn9949 ↑これは2011年3月19日の撮影。わずか2年なんだなあ。

Dsc_0750 にゃんすけは眼の上のオデキを切除する手術をした後で、傷跡をひっかかないようエリザベスを着けてました。片眼がちょっと引きつっていますが、時間がたてばまた可愛い顔に戻るでしょう。

Dsc_0757 術後は元気なかったそうですが、いまではすっかり食欲が戻ったそうで。食えてりゃまあ心配ないでしょ^^

そういえば、波伝谷から佐沼への移動中、柳津の街中でツバメが飛んでいるのを見ました。いつも行く山ではカタクリやイワウチワの葉っぱも顔を出してました。ホントに春が来たんですねえ。

2012年11月 6日 (火)

絵葉書が届きました。

昨日の午後、プレハブかくれ里にて打ち合わせ中、郵便屋さんが来られて窓の外から会釈しながら郵便箱になにか入れていかれました。

夕方になって郵便箱を開けてみると、可愛い仔猫の寝姿の絵葉書が。私&にゃんすけ宛てに折々にお手紙をくださる匿名の方からでした。

Dsc_0154_2

ありがとうございます。残暑お見舞いもいただいてたのに、御礼のご挨拶をしてませんでしたね f^^;

時間の都合でにゃんすけに見せる間もなく秋田の現場に来てしまいましたが、金曜には宮城に戻るので、そのときににゃんすけにも見せますね。

2012年11月 3日 (土)

半月振りの宮城

Dsc_0141 今日は津波の前年に亡くなった祖父の三回忌でした。

Dsc_0143_2 不思議と晴れるじいちゃんの法要日。今日も気持ちの良い秋晴れでした。

2012年9月11日 (火)

にゃんすけ検査結果

「まあすけ」を盛岡から連れてきた頃からずーっとお世話になっている菅原犬猫病院の菅原院長先生から電話あり、にゃんすけの腫瘍、悪性ではなかったとのこと。

良かった~^^!

Dsc_0024_2

2012年9月 9日 (日)

にゃんすけ病院

20120908 夏前くらいにできた「にゃんすけ」の左目の上のオデキ、大きくなってきたのでいつもの犬猫病院に連れてったところ、腫瘍なので組織を取って検査しましょうと。結果がでるのは一週間ほど先。ちょっと心配です。

まあ、私としては病院に連れてって痛い目&怖い目にあわせてまたこないだの冬みたいに「にゃんすけ」に避けられまくるんじゃないかと思ってたので、帰ってきてから普通に甘えてくれたのにはホッとしましたけどね。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ